小寺智津子会員『古代東アジアとガラスの考古学』を上梓


「弥生時代のガラス製品の詳細な分析・分類を通して弥生社会に新たな考察を加え、中国・朝鮮半島の出土品との比較検討によって、東アジア全体の交流の諸相を明らかにする。 」
サイトより

会員の小寺さんが同成社より

小寺智津子『古代東アジアとガラスの考古学』同成社,2016年4月

を上梓されました。

A5判 450頁+カラー口絵2頁
9000円
ISBN 978-4-88621-721-9 C3021

同成社サイト http://homepage3.nifty.com/douseisha/kouko/yayoi/yayoi.html

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。


One thought on “小寺智津子会員『古代東アジアとガラスの考古学』を上梓

  1. 著者の小寺です。博士論文を上梓いたしました。学会チラシで二割引きでの提供ができます。よろしかったらご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA