4/15-7/9 雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展 富山市ガラス美術館


富山市ガラス美術館では、

雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展

が開催されています。

雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展 富山市ガラス美術館

 

いにしえの時代より、ガラスはその自由な造形や鮮やかな色彩、輝きによりあらゆる人々を魅了してきました。香油入れ、酒盃、リュトン、トンボ玉、白瑠璃碗…それは貴重な交易品、贈答品としてシルクロードを往き交う人々とともに、駱駝の背に揺られ、また帆船に積まれ、西はローマやエジプト、シリア、東は西安、慶州、そして奈良の正倉院へと運ばれてゆきました。
このシルクロードの精華ともいうべきガラスの名品約350 点を、古代メソポタミアからイスラム時代まで約3000 年におよぶガラスの歴史と、その驚くべき“超絶”技法とともにご紹介いたします。また、このガラスコレクションを収集した平山郁夫(日本画家1930-2009)の絵画約40 点も併せて展示いたします。平山郁夫が描くシルクロードの幻想世界をガラスの名品とともにご堪能ください。(本展の出品作品はすべて平山郁夫シルクロード美術館の所蔵品になります)

 

 

展覧会名 雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展

会期 2017 年4 月15 日(土)~7 月9 日(日)

会場 富山市ガラス美術館 展示室1・2・3(2、3 階)

開場時間 午前9 時30 分から午後6時
金・土曜日は午後8 時まで。入場は閉場の30 分前まで)
※初日のみ午後1 時から開場

閉場日 第1、第3 水曜日(ただし、5 月3 日は開場し、5 月10 日は閉場します)

観覧料 一般1,000 円(800 円)大学生800 円(600 円)
※1.( )内は前売り・20 名以上の団体、高校生以下無料
※2. 前売りは一般のみ
※3. 本展観覧券で常設展もご覧いただけます

前売り券取り扱い場所 アーツナビ、アスネットカウンター、TOYAMA キラリ総合案内(1F)

主催:富山市ガラス美術館
共催:平山郁夫シルクロード美術館
後援:北日本新聞社、北日本放送、チューリップテレビ、富山テレビ放送
総合監修:宮廻正明
協力:東京藝術大学社会連携センター

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。