4/15-7/9 板ガラスの表現~ひろがるかたち、無限の可能性~ 石川県能登島ガラス美術館


石川県能登島ガラス美術館では企画展

『板ガラスの表現~ひろがるかたち、無限の可能性~』

が開幕いたしました。7/9まで。

板ガラスの表現~ひろがるかたち、無限の可能性~

「 板ガラスは、透明で無機質な素材ではありますが、見る角度を変えたり、光を受けたりすることで様々な表情を見せます。作家たちは、視点を動かすことで見えてくる色の深みや、反射によって鏡のように見る者の姿を映し出す、といった多様な変化を見せる板ガラスを、自身が持つイメージを具現する素材としてとらえ、重ね合せる、削る、磨く、曲げるといった技法を施しながら、独自の造形表現を生み出しています。

 本展では、板ガラスを用いて創作活動を行う現代作家5名(アビルショウゴ、家住利男、生田丹代子、小島有香子、所志帆)の作品を展示し、板ガラスによる表現の広がりと造形の魅力をご紹介します。」

 

板ガラスの表現~ひろがるかたち、無限の可能性~

 

板ガラスの表現~ひろがるかたち、無限の可能性~展

会期 2017年4月15日(土)~7月9日(日)

時間 9:00~17:00  入館は閉館の30分前まで

休館日 4月18日(火)、5月16日(火)、6月20日(火)

主催 石川県能登島ガラス美術館(公益財団法人七尾美術財団)

協力 公益財団法人中信美術奨励基金、富山市ガラス美術館、樂翠亭美術館(50音順)

後援 NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。