[更新]NHK美の壺 File440「美の壺「魅惑のきらめき 切子(きりこ)」放送 会員も協力


追記4/19
地上波放送 4/22(日)23時~
NHK教育 美の壺・選「魅惑のきらめき 切子(きりこ)」


NHK BS プレミアム 3/16(金)午後7時~初回放送

美の壺「魅惑のきらめき 切子(きりこ)」

が放送されました。

<File440>ガラス表面にカットを入れる工芸、「切子(きりこ)」。その文様には、子孫繁栄、円満、魔よけなど、それぞれ意味が込められている。まるで宝石のような輝きを生み出すカットの技は100分の1mmの精度が求められる超絶技巧!前代未聞といわれた「黒い切子(きりこ)」に成功した薩摩切子職人の開発秘話も!驚きは、和の料理人とコラボした独創的な切子(きりこ)。切子(きりこ)の新たな魅力が発見できる!
(サイトより)

再放送 NHK BSプレミアム 3/23(金) 午後6時~

 

会員から、古い切子について井上曉子先生、江戸切子の作業について小林淑郎(小林硝子工芸所)、薩摩切子の製法や復刻については購読会員尚古集成館を運営する(株)島津興業の薩摩ガラス工芸、用途・料理人とのコラボについて堀口徹(堀口切子)、以上各氏・各社が紹介。

このほか番組では、東京スカイツリーのエレベーター江戸切子装飾(30回研究会で清水会員とガラス作家井上剛氏が事例紹介。)、喫茶店での江戸切子カップ利用、黒被せの薩摩切子、雛道具の切子等々が紹介されていました。

 

同番組での切子の特集は、書籍化されている12年前の2006/7/7放送 File14「切子」以来。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。