6/9(土) 日本ガラス工芸学会 第43回総会・講演会


日本ガラス工芸学会
第43回総会・講演会のお知らせ

会員各位

 

薫風の候、会員の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。  
さて、下記のとおり第43回総会を開催いたす運びとなりました。また、当日はサントリー美術館で開催中の特別展「ガレも愛したー清朝皇帝のガラス」の見学と、特別講演会の開催を予定しております。 今年は、本展をキュレーションされた土田ルリ子(サントリー美術館学芸副部長、本会理事)にお願いし、企画の意図と見どころ、また今後の研究課題などについてお話しいただきます。
「乾隆ガラス」の呼称で代表される中国清朝のガラスは、ガラス工芸史上一時代を築き、ガレ作品など後世への影響も大きいテーマですが、まとめて展示される機会も少なく、製法や歴史に関しても謎に包まれた部分が多く残されています。この度の展示会は誠に意義深いものであり、その企画に当たられた土田氏ご自身から今日なお話が伺えるまたとないチャンスです。ぜひこの機会に一人でも多くの会員の方にご出席いただけますよう、謹んでお知らせします。

謹伯

 


日時:2018年6月9日(土) 12:00~16:00
会場:サントリ一美術館  6階ホール

日本ガラス工芸学会 会長 中井 泉

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。