11/4まで 「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」展 能登島ガラス美術館


石川県能登島ガラス美術館では、

「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」展

が開催されています。11/4(日)まで。

 

「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」展

 

「作家が使い手の目線に立ち、
自身の提言や創意を織り交ぜ制作した
ガラスのうつわは、
見て楽しませてくれるだけでなく、
使うことで私たちの暮らしに彩りを与え、
豊かなものへと導きます。

本展では、暮らしに寄りそううつわに見る作家たちの表現をとおして、
ガラスのうつわの現在(いま)を探ります。」

サイトより。

「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」展

「ガラスのうつわ 手から生まれる暮らしのかたち」展

会期
2018/7/28(土)~11/4(日)

開館時間
9:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)

入館料
個人(高校生以上)800円
団体(20名以上)700円
中学生以下は無料

出品作家
永木卓、オオタ硝子研究室、翁再生硝子工房、小谷栄次、小谷眞三、舩木倭帆 *50音順

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。