狩野智光さん 東京ミッドタウン 21_21DS「祈りの痕跡。」展に出品

当ガラス工芸学会の会員で、ガラス造形作家の狩野智光(かのうともかね)さんが、
東京ミッドタウン 21_21 DESIGNSITEで開催中の

「地球文字探検家 浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」」展

「最初に痕をつけたのは、誰か。
5000年前、シュメール人が粘土板に楔形文字を刻んだ瞬間、人間の思考、感情、芸術、科学は記録という行いによる永遠の生命を獲得した。「書く」
という人類最大の発明から生まれる芸術や文化は、過去から未来に、個人から集団に伝染する軌跡の痕跡である。
21_21 DESIGN SIGHTの舞台に登場するこれらの痕跡は、現代人の意識に新たな痕跡を刻みつけるだろう。文字通り、
浅葉克己が脚で探した地球発の表現を目撃するエキジビジョン。」

会期は、9月23日(木・祝)まで。

「祈りの痕跡。」の詳細は 、こちら (21_21DS) 

 

狩野さんのサイト

 

/////////
日本ガラス工芸学会
/////////

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA