11/8/10-10/10 サントリー美術館 コーニング・ガラス美術館特別出品 あこがれのヴェネチアングラス -時を超え、海を越えて


8/10よりサントリー美術館開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」 Ⅲ

コーニング・ガラス美術館特別出品 あこがれのヴェネチアングラス -時を超え、海を越えて

が開催されます。

 

あこがれのヴェネチアン・グラス オモテ あこがれのヴェネチアン・グラス 

ご案内
軽やかで繊細優美なヴェネチアン・グラス。その芸術性は1450年頃に開発された無色透明ガラス「クリスタッロ」の誕生と、都市経済の繁栄を背景に、大輪の花を咲かせました。エナメル彩、ラッティモ(乳白色ガラス)、レースグラス、アイスグラス等、その多彩な手わざには目を奪われるばかりです。装飾性豊かな珠玉のガラスは、ヨーロッパ各国で王侯貴族や富裕層の羨望の的となりました。
秘密保持、あるいは火災の拡大防止のため、ムラーノ島に限って行なわれていた制作技術も、周辺諸国の求めに応じ、次第に流出を始めます。そして模倣と地域性との狭間で生まれた「ヴェネチア様式」は、16世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパを席巻したのです。国外への伝播は西洋に留まりません。南蛮船の渡来によって日本にもたらされたその瀟洒な美しさが、和ガラスの誕生にも少なからず影響を与えたと考えられています。
ヴェネチアン・グラスは、今なお、見る者すべてを魅了し続けています。本展では、ルネサンス期の作品から、影響を受けたヨーロッパや日本のガラス、そしてそのエッセンスを引き継ぐ現代グラス・アートまで、約140件の優品をご覧いただきます。時を超え、海を越えて、人々の心を捉え続ける「あこがれのヴェネチアン・グラス」の魅力をご堪能ください。

・会場 サントリー美術館
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階

・開館時間
8/10日(水)~10/10日(月・祝)10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)
※会期中展示替あり いずれも最終入館は30分前まで

・休館日
火曜日

・入館料
一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料

・関連イベント
トークライブ、特別講座、親子見学会、スライドレクチャー等

・詳細は展覧会HPにて
サントリー美術館開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」III コーニング・ガラス美術館特別出品あこがれのヴェネチアン・グラス―時を超え、海を越えて

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA