[更新]11/15(土) 大会開催および発表者募集のお知らせ 於・理科大神楽坂


会員各位
かねて「予告」を差し上げておりました、11月15日(土)開催の「大会」の正式のご案内となります。
事務局

大会開催のご案内

会員各位

日本ガラス工芸学会では、会員の1年間のガラスに関する活動を発表紹介する場を設け、相互理解・相互交流を促進し、もってわが国のガラス文化の向上.・発展に貢献する目的で、この秋大会形式の発表会を新たに開催する運びとなりました。先日の総会で、以下の概要が承認されました。つきましては、7月7日(月)より、発表者を募集いたします。皆様奮ってご応募ください。

日本ガラス工芸学会

◆日時と会場
日時:2014年11月15日 (土) 10:00~17:00
会場: 東京理科大学神楽坂キャンパス、 東京都新宿区神楽坂1-3
1号館17F 大会議室、第一、第二会議室

◆発表者の募集

発表には以下の3つ発表形式があります。発表内容は、日本ガラス工芸学会にふさわしいものとし、応募の採否は実行委員会に委ねられます。

A発表
研究成果発表(口頭もしくはポスターで研究成果を発表)*

B発表
上記以外のガラスに関する個人またはグループ・団体の活動をポスターで紹介**

C発表
作品展示(机1台の上に自由に作品を展示)***

*A発表 応募時に研究成果の概要を300字程度にまとめ、申込書に記入。口頭発表は3~5件で、5件を越えた場合は実行委員会が選定します。ポスター発表は制限をもうけませんが、A発表の内容は研究発表にふさわしい学術性をもつものと実行委員会が判断したものに限ります。

**B発表 ガラスに関する活動であれば、学術性を問いません。個人またはグループ・団体のガラスに関する創作活動、商業的活動から趣味的活動まで自由にポスターを作成して掲示(掲示サイズ A0 縦x横 120x84cm以内、ベニヤ板製、画鋲を用意します)することができます。コレクションの紹介や美術館の紹介、過去1年以内の個展等の写真による紹介なども歓迎。写真や図をつかい、ポスターボード1枚にまとめてください。申込書には概要を100字程度で記入してください。

***C発表 先着12名とし、展示作品を代表する写真をC発表用申込書に添え必要なスペースを申請する。作品の販売はできません。

◆プログラム

2014年11月15日 (土)

10:00 ~12:00 口頭発表 4~6件   20~30分/件
13:00 ~ 16:00 作品展示・ポスター掲示時間
16:00 ~ 17:00 招待講演 仲摩マサ枝氏

◆大会参加登録費 無料 (会員) 500円(会員外)
発表者(参加登録費を含む) 無料 (会員) 500円(会員外)

◆発表申込
◇受付期間 7月7日(月)~9月14日(日) -延長しました-
採否連絡 9月16日(火)
ただし(C発表)作品展示は先着12名まで、定員に達し次第締切。
◇レジュメ
締切 10月16日 (A5横:タイトル氏名とA発表は要旨、B/C発表は自由:配布資料参照)

◆申込方法
申込書をメール/FAXで日本ガラス工芸学会「大会実行委員会」(下記)へ送付
image_thumb7

以上


ここに下記関係資料一式をリンクいたします。

本学会初めての試みとなりますので、
皆様奮ってご応募ご参加いただけますようお願いいたします。
特にB発表は、ガラスに関する自己紹介のおつもりでお気軽にお申し込みください。

◆申込方法
◇申込用紙
(発表形式に応じて以下のいずれかのエクセルファイルをダウンロードして申込下さい)
2014年度大会発表申込書(A発表、B発表用)
2014年度大会発表申込書(C発表用)

◇レジュメの作成方法
(以下の見本のWordファイルをダウンロードして、そのまま文字を置き換えて作成ください)
レジュメ作成フォーマット

発表申込書およびレジュメは上記ファイルから作成し、
下記実行委員会アドレスへ添付ファイルでお送りください。

なお、ご質問やご意見等ございましたら、実行委員会のメールアドレスあるいは事務局FAXまでご連絡いただけますと幸いです。
それでは11月に東京理科大学にて皆様にお会いできることを楽しみにしております。

日本ガラス工芸学会大会実行委員会 委員長 中井泉

事務局 158-0095 東京都世田谷区瀬田5-11-11井上方
日本ガラス工芸学会事務局
FAX 03-3700-9140

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA