11/15(土) 日本ガラス工芸学会大会プログラム


11/15(土)東京理科大学神楽坂キャンパスで開催、
日本ガラス工芸学会2014年度大会
のプログラムが決定しました。
ここにご案内いたします。
参加費等開催のご案内はこちら 11/15(土)神楽坂 日本ガラス工芸学会大会ご案内

日本ガラス工芸学会 2014年度大会

プログラム

 

期日:  20141115日(土)

会場:  東京理科大学 神楽坂キャンパス 1号館17階 東京都新宿区神楽坂1-3
神楽坂キャンパスMAP(東京理科大学サイト)
大会議室:招待講演・A/B発表 小会議室:C発表

 

10:0010:05     開会の挨拶 中井 泉(会長・東京理科大学)

10:0512:05     A発表(口頭発表)

12:0513:15     昼休み

13:1515:45     ポスター発表(A発表,B発表)・作品展示(C発表)

15:4516:00     休憩

16:0017:00     招待講演     StanislavLibenskyJaroslavaBrychtova
                         
ギャラリー活動を通して… 仲摩 マサ枝

17:00                 閉会

11/15(土) 日本ガラス工芸学会「大会」プログラム11/15(土) 日本ガラス工芸学会「大会」プログラム2

プログラムPDFはこちらです。

各発表の文字掲載は下記の通り

A発表(口頭発表 4件) 10:0512:05

10:05~10:35 A-O1 「新沢千塚出土のガラス碗とガラス皿はどこから来たのか ―化学分析による起源推定―」 ○阿部 善也1,四角 隆二2,中井 泉1 (1東京理科大学,2 岡山市立オリエント美術館)

10:35~11:05 A-O2 「中国春秋戦国時代から漢代におけるガラス管珠の様相」 ○小寺 智津子 (日本学術振興会特別研究員)

11:05~11:35 A-O3 「古代ガラス玉の製作技法に関する研究 -熔解ガラスから直接作る技法」 ○島田 守

11:35~12:05 A-O4 「ダイアモンドポイント彫刻の技術的発展に関する一考察」 ○武田 靖 (北海道大学)

A発表(ポスター発表 8件) 13:1515:45

A-P1 「ガラス製多曲長坏に関する基礎研究 ―ボストン美術館所蔵ガラス製八曲長坏の調査報告―」 ○林 佳美 (東京藝術大学)

A-P2 「ファイアンス製シャブティの白華法による復元実験」 ○佐藤 史峰 (東海大学)

A-P3 「大阪今城塚古墳出土古代ガラスに関する考古化学的研究」 ○柳瀬 和也1,松﨑 真弓1,井上 曉子2,中井 泉1 (1 東京理科大学,2 東海大学)

A-P4 「エミール・ガレのガラス作品の化学的研究」 ○和泉 亜理沙1,阿部 善也1,中井 泉1,小林 宏子2,池田 まゆみ2 (1 東京理科大学,2 北澤美術館)

A-P5 「博物館収蔵ローマガラスの化学組成分析による起源推定」 ○内沼 美弥1,阿部 善也1,四角隆二2,中井 泉1 (1 東京理科大学,2 岡山市立オリエント美術館)

A-P6 「日本およびインド出土の古代ガラス玉に関する考古化学的比較研究」 ○澤村 大地1,松﨑 真弓1,柳瀬 和也1,上杉 彰紀2,Ajit Kumar3,中井 泉1 (1 東京理科大学,2総合地球環境学研究所,3 ケーララ大学)

A-P7 「明治東京における硝子製造業組合の成立と発展」 ○井上 曉子 (東海大学)

A-P8 「古代エジプトのガラス・セラミック生産における金属リサイクル」 ○大越 あや,阿部 善也,中井 泉 (東京理科大学)

B発表(ポスター発表 6件) 13:1515:45

B-P1 「品川硝子なう」 ○吉岡 律夫1,畠山 耕造2 (1 日本ウランガラス同好会,2 妖精の森ガラス美術館)

B-P2 「氷コップのご紹介」 ○江口 友隆

B-P3 「日本ガラス工芸協会の活動報告」 ○藤原 信幸 (日本ガラス工芸協会)

B-P4 「G.E.N (Glass Education Net) の活動報告」 ○佐々木 雅浩 (G.E.N)

B-P5 「 『ガラスの鼻煙壺 ―清朝の嗅ぎたばこ入れ―』展のご紹介」 ○齊藤 晴子 (町田市立博物館)

B-P6 「富士山のガラス器」 ○富樫 亜人 (東洋佐々木ガラス株式会社)

C発表(作品展示 10件) 13:1515:45

C-1 「赤マキ台付花器」 福圓 富信

C-2 「光の栖(すみか)」 奥野 美果

C-3 「菌類のかたち 『小文間の植物シリーズ』」 藤原 信幸

C-4 「転成 #1007」 佐々木 雅浩

C-5 「生命の形―ボルネオ」 林 香君・藤原 信幸

C-6 「変化する花生け」 林 亘

C-7 「ラグーナ」 藤田 潤

C-8 「肉開」 治部 亜美香

C-9 「始まりの実験《non title》」 地村 洋平

C-10 「Spiral」 近岡 令

◆ 口頭発表は1人30分とし,発表25分,質疑応答5分とします。

◆ ポスター発表のコアタイムは奇数番号が13:15~14:15,偶数番号が14:45~15:45の交代制とし,14:15~14:45はフリータイムとします。ポスター掲示は13:15までに完了し,発表後は16:00までに撤収してください。ポスターボードはベニヤ板製で,画鋲を用意します。

◆ 作品展示は13:15~15:45全てをコアタムとします。13:15までに展示準備等を完了してください。また展示開始時間(13:15)より前は原則として一般参加者には展示室を開放しません。

◆ 当日の連絡は下記にお問い合わせください。
会場:03(3260)4271(代表)または090-8496-4666(実行委員・阿部)

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA