日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会ご報告


サントリー美術館ホールでの総会・記念式典・講演会の後、
場所を明治記念館「紅梅の間」の間へ移し、

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会
を開催致しました。

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会

入口には、(一社)日本硝子製品工業会会長岡本毅様より頂戴しました綺麗なお花を。
>日本硝子製品工業会よりのお花

会場、受付・開宴前の様子
日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会受付

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会受付

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会開宴前

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会開宴前

 

定刻18:30より、池田まゆみ理事司会で開宴。
日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会開会

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会中井泉会長挨拶
中井泉会長よりご挨拶。此れまでのご活動、また本日に至る支援にお礼が伸べられました。
日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会開会の様子

"日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会会長挨拶

続きまして、お忙しい中お運びいただきましたご来賓の皆様をご紹介。

橋口陽一様(一般社団法人日本硝子製品工業会専務理事)橋口陽一様(一般社団法人日本硝子製品工業会専務理事)

田邉三郎助様 (町田市立博物館館長)田邉三郎助様 (町田市立博物館館長)

岡野或男様(公益財団法人北澤美術館副理事長)岡野或男様(公益財団法人北澤美術館副理事長)

安盛敦男様(東京理科大学基礎工学部材料工学科教授)安盛敦男様(東京理科大学基礎工学部材料工学科教授)

田村治美様(グラスハープ演奏家)田村治美様(グラスハープ演奏家)

ご祝辞は橋口陽一様より頂きました。橋口陽一様(一般社団法人日本硝子製品工業会専務理事)

引き続き、
文化庁長官青柳正規様、
一般社団法人日本硝子製品工業会会長岡本毅様

より頂きました祝電紹介のご紹介。
文化庁長官青柳正規様より祝電

乾杯のご発声は岡野或男様岡野或男様(公益財団法人北澤美術館副理事長)による乾杯

メインテーブルフラワー 歓談中の様子


日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会歓談中
歓談中はこれまでの活動を振り返るスライドを放映しました。
これまでの活動放映

これまでの活動放映

途中、本日お招きしたゲストをご紹介しました。

小林彩子氏

ニッカスーパーボトル・マッサンとの縁紹介の新聞記事
会を支えられ、当会のロゴも制作された佐藤潤四郎氏ご家族
(小林彩子様、小林東洋(陶芸家)様、大方竜子様をご紹介。)

小林彩子様から、佐藤潤四郎氏のカガミ時代をはじめとしたエピソードや NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」で話題になった、佐藤氏デザインのスーパーニッカのボトルに関する新聞報道にも触れられました。

渋谷良治

渋谷良治氏のスピーチ

続いて、今年開館予定の富山市ガラス美術館館長渋谷良治様が、
富山ガラスの成り立ちや長年の計画であった美術館の完成について熱く語られました。

このほか、会の発足時の幹事で、薩摩切子研究に足跡を残された辰沢速夫氏のご夫人辰沢洋子様もお運びいただきました。

明治記念館紅梅の間のガラスシャンデリア再び歓談へ

"日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会歓談中

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会歓談中狩野氏・畠山氏・村山氏

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会歓談中渋谷氏・池本氏

"日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会歓談中

楽しい時間、各所で交わされる歓談、
過ぎるのは速く20時半近くとなり

締めを小川晋永監事より
小川晋永監事

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会締めの万歳
会場の盛り上がりのまま、徐々に拍手を重ね会の発展を願う万歳で締めました。

最後は記念写真の撮影へ日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会記念写真準備中

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会記念写真

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会記念写真

和気藹々として中、記念写真の撮影が行われました。

日本ガラス工芸学会創立40周年記念祝賀会は、
来賓の皆様を含め73名ものご参集を頂き盛大にも催すことができました。
ご列席の皆様、また御祝・ご支援いただきました関係の皆様に心から御礼申し上げます。

また、

当日は終宴してほどなく、小笠原諸島西方沖を震源とする深発地震があり、
電車に遅れが出るなどご帰宅にもお時間がかかったものと思います。
おつかれさまでした。

最後に、

日本ガラス工芸学会第40回総会準備中 日本ガラス工芸学会土屋様への記念品進呈

40周年祝賀会司会の池田様 40周年祝賀会受付準備中

藤原先生と学生の皆さん他

開催にあたっては、事前の様々なご用意の積み重ねがあったものと思います。
総会から祝賀会へ至る多忙な当日含め、担当の理事の皆様、またお手伝い頂いた学生の方々等、本当にお疲れ様でした。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。
このブログについて
☆日本ガラス工芸学会ブログのご案内☆


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA