9/12(土)日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕


第34回 日本ガラス工芸学会・研究会〔大阪〕のご案内

蒸し暑い日々が続いておりますが、日本ガラス工芸学会会員の皆様におかれましては、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

恒例となりました、研究会を下記の要領で開催したいと思います。皆様ふるってご参加いただけますよう、お願い申し上げます。

 

日時:2015年9月12日(土)13:00~16:30

開場 13:00

発表(質疑応答含む) 

13:30~15:00

府県庁舎の近代建築とステンドグラス-愛媛県庁舎と宮崎県庁舎」調査報告 発表者 吉田淳一

現在も現役の庁舎として使われている愛媛県庁本館と宮崎県庁本館は、昭和初年を代表する公的近代建築として威容を保っています。ステンドグラスの配置からみた玄関、エントランスホール、正庁、議場、階段室などに着目し、現地調査を行ないました。建築との関係を明らかにし、ステンドグラスについて残された資料と実地調査に基づく考察を報告します。

15:00~15:20   休憩

15:20~16:00

「大阪心斎橋大丸百貨店の建築とステンドグラス」緊急報告スライドショー

発表者 吉田淳一、船曵悦子

大阪心斎橋大丸百貨店は、ヴォーリズ設計事務所によって設計され、特に優れたデザインを見せるステンドグラスを含む御堂筋側が昭和8年に増築されました。現在も市民がショッピングを楽しむ百貨店として親しまれています。

惜しいことに、2015年末をもって営業を停止し増改築工事に入ることが決定されています。御堂筋側外壁は保存されるようですが、内部の保存については未確定な部分があります。

研究発表ではありませんが、今年をもって今後当分見ることのできないステンドグラスを中心に、エレベーターホールなどを写真スライドショーの形でお見せいたします。

場所:大阪駅前第3ビル19階

大阪産業大学 梅田サテライトキャンパス レクチャールームB室

clip_image001[3]clip_image002[3]

〒530-0001 大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19F

TEL: 06(6442)5522 FAX: 06(6442)5524

 

研究会参加について:

会員の皆様の研究会へのご参加は無料です。非会員の方々の参加については、参加費500円を頂戴いたします。

会場の椅子準備の関係上、ご参加になる方は前もって事務局または担当(吉田 メールアドレス yoshida★edd.osaka-sandai.ac.jp)(メールの際は★印を@に変更してください)へご連絡いただけますよう、お願いいたします。

以上

 

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

関西研究企画 吉田淳一

研究企画委員 山花京子(メールの際は★印を@に変更してください)

(メールの際は★を@に変更してください)

***********************************

Fax送信用紙

日本ガラス工芸学会

事務局 気付 (Fax 03-3700-9140)

研究企画部門宛

2015年9月12日の研究会(関西)に参加いたします。

参加者氏名______________________________

参加者連絡先_____________________________

通信欄:

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。