1/15-26 出張展示「江戸切子の世界 現代江戸切子の技と美」展 町田市立国際版画美術館 


町田市立博物館出張展示「江戸切子の世界 現代江戸切子の技と美」展
「明治時代、日本はヨーロッパのガラス製造法を取り入れました。現代の江戸切子で用いられているカット(切子)の技術は、このころイギリス人技師エマニエル・ホープトマンによって伝えられたものです。その流れをひく現代の江戸切子職人たちは、伝統を守りながらも、斬新なデザインで世界に挑戦するなど、江戸切子の新たな魅力を開拓・発信しています。
本展覧会では、2017年度に町田市立博物館へ寄贈された江戸切子作家の故・須田富雄(1924-2013)と堀口徹(1976-)らの作品24点を初公開します。高度なカットの技から生み出される現代江戸切子の美の世界を、じっくりとお楽しみください。」(サイトより)

会期 2020年1月15日(水曜日)から1月26日(日曜日) 月曜休館

開場時間 午前10時から午後5時 入場は午後4時30分まで

会場 町田市立国際版画美術館 市民展示室A室(町田市原町田4-28-1)

観覧料 無料

— 町田市立国際版画美術館(町田市公式) (@machida_hanbi) January 15, 2020

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。