日本経済新聞7月19日朝刊 特集「涼を呼ぶ 江戸のガラス」 会員取材


日本経済新聞2020年(令和2年)7月19日朝刊。
9面から11面の3面にわたって、
「涼を呼ぶ 江戸のガラス」
という特集が組まれています。
日曜朝刊内「NIKKEI The STYLE」紙面。

季節の風物詩としてガラスの風鈴から入り、江戸風鈴(篠原風鈴本舗)の取材と風鈴の歴史。
そして、日本のガラス史の概要に触れながら、江戸切子とその職人。
現在の料理店や建築(以前研究発表された東京スカイツリー)での活用等が取材されています。

紙面では、会員の林佳美(サントリー美術館)・清水祐一郎(清水硝子)の取材コメントが。職人取材として堀口徹(堀口切子)が制作風景や料理店の活用の写真と共に、それぞれ掲載されています。

また、神戸市立博物館所蔵の喜多川歌麿画「職人婦人分類びゐとろ師」や博物館明治村発行「工部省品川硝子製造所記念展示」より品川硝子の銅版画も資料として引用されています。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。