ニューズレター 第8号を発行しました。32回総会 13から15回研究会 切子見学会・展示会案内・書籍紹介

日本ガラス工芸学会 ニューズレター vol8を発行しました。

日本ガラス工芸学会 ニューズレター vol8

2008/4 日本ガラス工芸学会「Glass Newsletter」を発行、会員の皆様にご送付いたしました。

内容は、

・第32回総会(2007/6/23(土) 於  target=”_blank”>サントリー美術館)のご報告

・第13回研究会発表要旨
四つ目市松八つ割文プレスガラス皿について (吉田 淳一)
フェニキア人頭玉に関する一考察 (島田 守)
円形切子碗の復元について (石田 彩)

・第14回研究会発表要旨
日本のスイテンドグラス―国会議事堂と宇野澤辰雄 (田辺 千代)

・第15回研究会
ラルテ・ヴェトラリア―17世紀初頭のガラス製造術』出版記念講演
(坂田浩伸、池田まゆみ、黒川高明)

・見学会レポート 江戸切子 清水硝子

・展示会案内  平山郁夫とシルクロードのガラス展 平山郁夫シルクロード美術館蔵

・ガラスの本の紹介
『季刊ランプワークガラス情報マガジン 「LAMMAGA」』
『「 キルンワーク 電気炉を使った手作りガラス工房」 奥野美果編著』
日本のステインドグラス 小川三知の世界 田辺千代・文 増田彰久・写真』

・豆知識 「シルクロードとは」

・ガラスこぼれ話 奈良で見つけた小さな発見

・編集後記

です。

 

/////////
target=”_blank”>日本ガラス工芸学会
/////////

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA