東大寺 不空羂索観音像の宝冠の分析が報道されました

東大寺法華堂の本尊・不空羂索観音立像の宝冠の調査結果について、各メディアでご紹介。

分析の当学会副会長・東京理科大学中井泉先生、共同研究者の当会長・井上暁子先生のコメントも掲載されています。

記事はこちら。

東大寺・不空羂索観音立像の宝冠 弥生~古墳時代前期のガラス玉使用判明 – MSN産経ニュース 同拡大写真記事

宝冠、飾りが年代物 東大寺の観音像に古墳期?ガラス玉 朝日新聞 文化

東大寺の観音立像の宝冠、正倉院宝物と同成分 読売新聞関西発

東大寺・不空羂索観音立像:先祖伝来の宝玉、冠に 弥生・古墳時代の輸入ガラス 毎日新聞

東大寺宝冠に弥生時代の勾玉か 1000年受け継ぐ? 日本経済新聞 地域ニュース 近畿

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA