10/8-11/27 町田市立博物館「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」


「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」展が町田市立博物館で開催されます。2011年10月8日(土曜日)~11月27日(日曜日)

「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」展

町田市立博物館では10/8(土)より「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」展が開催されます。
11/12(土)には当学会会長井上先生の講演もございます。また作品には会員の江戸切子職人の小林氏(祖父菊一郎・父英夫氏の品も)や堀口氏の作品等も展示されます。

 町田市立博物館「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」 町田市立博物館「江戸切子 -日本のカットガラスの美と伝統-」

町田市立博物館が所有するガラス工芸のコレクションの中には、江戸時代から明治にかけての日本のガラスも含まれています。
今回の展覧会では、当館所蔵作品に加え、他の美術館や個人の所蔵者などからお借りした江戸時代から現代にいたる日本の切子(カットガラス)と、その源流にあたるヨーロッパ(イギリス・ボヘミア)のガラス作品約250点を、現代の切子の工具とともに紹介します。

◆ 開催概要
・開催期間 2011年10月8日(土)~11月27日(日)
月曜休館(ただし10月10日は開館、翌11日休館)
・開館時間 午前9時~午後4時30分
・主催 町田市立博物館
・特別協力 東京カットグラス工業協同組合

◆ 関連催事
【講演会「切子の歴史とその魅力」】
・日時 11月12日(土)午後2時~3時30分
・会場 町田市立博物館2階講堂
・講師 井上曉子氏(美術工芸史家)
・定員 60名(先着順・予約不要・参加無料)

【体験講座「はじめてのカットガラス」】
江戸切子職人の方たちの指導のもと、小さなガラスの器に文様を彫ります。でき
あがったものはそのまま持ち帰れます。
・日時:10月29日(土)・30日(日)・11月19日(土)・20日(日)・
26日(土)・27日(日) 〔所要時間約10分〕
※ いずれも受付は午後1時~4時の間
・会場:町田市立博物館2階講堂
・対象:小学生以上
・定員:各日60名(先着順・予約不要・参加無料)※1人1 回限り
・協力:
東京カットグラス工業協同組合

【ギャラリー・トーク】
担当学芸員による展示解説です。
・日時:10月15日(土)・23日(日) 各日午後2時~2時30分
〔予約不要・参加無料〕
・会場:町田市立博物館1階展示室

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA