4/1-11/29 「アール・デコのガラス工芸ルネ・ラリック-特別出品:皇室が愛したラリック」北澤美術館


開館30周年記念特別展 北澤美術館所蔵
アール・デコのガラス工芸 ルネ・ラリック
- 特別出品:皇室が愛したラリック -

諏訪の北澤美術館で開催されております。日本ガラス工芸学会は後援しています。

北澤美術館 開館30周年記念特別展 北澤美術館所蔵 アール・デコのガラス工芸 ルネ・ラリック -特別出品:皇室が愛したラリック- パンフレット
「2013年に開館30周年を迎えた北澤美術館ではこの度、千点を数えるガラス・コレクションの中からルネ・ラリック(1860-1945)作品を紹介する特別展を開催いたします。
20世紀初頭のアール・デコ期にガラス工芸を手掛けたラリックは、ガレやドームの華やかさとは対照的にガラスの透明な美しさに着目し、光の効果を引き出す彫刻的な造形で、身近な生活用品から野外噴水まであらゆる分野にガラスを用いて、光り輝く新世紀を演出しました。
本展では館秘蔵のコレクションから代表作約150点を選び、ガラス工芸家ラリックの全容をご紹介いたします。あわせて皇太子裕仁親王(昭和天皇)のパリ土産として最も早い時期にわが国にもたらされたラリック作品花瓶《インコ》をはじめ、皇室ゆかりの作品を特別展示いたします。アール・デコのガラス工芸家として一世を風靡したラリックが、日本の皇族方にも愛されていた貴重な歴史を振り返りながら、その魅力をお楽しみください。」

北澤美術館 開館30周年記念特別展 北澤美術館所蔵 アール・デコのガラス工芸 ルネ・ラリック -特別出品:皇室が愛したラリック- パンフレット2


開催日時 2015年4月1日(水)~11月29日(日)
9月まで 9:00~18:00
10・11月 9:00~17:00
(会期中無休 入館は閉館30分前まで)

入場料
大人1000円 中学生500円 小学生以下無料
※団体(8名様以上)料金は、上記入館料より100円引

会場
長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
北澤美術館 1F ガラス展示室
0266-58-6000

北澤美術館

駐車場
バス10台・乗用車50台

講演会
当学会会員で同館の主席学芸員池田まゆみ氏の講演会が2回予定されています。 
4月25日(土)14時~16時「アール・デコの輝き」
9月19日(土)14時~16時「皇室が愛したラリック」

その他イベント・展覧会の詳細は、北澤美術館のサイト

北澤美術館 展覧会のご案内 開館30周年記念特別展 北澤美術館所蔵 アール・デコのガラス工芸 ルネ・ラリック -特別出品:皇室が愛したラリック-

をご覧ください。

///日本ガラス工芸学会 ///
ガラスの研究者、愛好者、制作者をはじめ、ひろくガラス全般に関わる人々からなる団体です。
会員相互の連繋、情報交換などによって、ガラス研究やガラス文化の振興をはかることを目的としています。
会の趣旨にご賛同いただける方ならどなたでもご入会いただけます。
HP 日本ガラス工芸学会 j-glass.org

当ブログでは会員の皆さまからの情報を御待ちしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA